キネシオテープの効果

キネシオテーピング法

肩こり、腰痛、捻挫、膝の痛みの時はどうしていますか?「湿布を貼って様子を見る」と言うのが大半の人ではないでしょうか?ここでは、簡単に出来て自然治癒力が促進される方法があるので紹介する。それは、キネシオテーピング法という治療法です。

 

キネシオテーピング法では、筋肉の伸縮率の3〜4割程度に設定されている「キネシオテープ」(別名、人口筋肉テープ)という伸縮性のある粘着テープを使います。このテープを痛みや凝りのあるところに貼ることによって、人間本来の自然治癒力を高めます。

 

キネシオテーピング法は、1980年に考案されて以降、多くのスポーツ界(サッカー、野球、相撲、バレー、ラグビー、等)の多くの選手に使われています。相撲の取り組みでは、大半の力士がテーピングしているのを良く見ると思います。今では、全米の医療保険が適用されるまでになっています。

 

 

 

△もっと知りたい健康・医療トップページへ戻る

 

キネシオテープの効果

キネシオテーピング法は、人間本来の自然治癒力を利用して障害を取り除く方法です。キネシオテープを貼ると、皮膚がテープにより波状に持ち上がるため、体内に隙間ができます。その隙間によりリンパ液や血液の流れが良くなります。それにより新陳代謝が改善されて自然治癒力が高まります。キネシオテープは、貼るだけで筋肉の凝りや痛みが柔らぎ術後や怪我の内出血を早く治すことが出来ます。

 

キネシオテープを貼ると、血流が良くなるので筋肉の痛みだけでなく、ちょっとしたダルさや冷え性にも効果があります。さらに、キネシオテープを筋肉を酷使するところに予め貼っておくと筋肉痛や障害発生の予防にも役立ちます。

 

 

 

△もっと知りたい健康・医療トップページへ戻る

キネシオテープ

キネシオテープには、キネシオテープとキネシオロジーテープがあります。キネシオロジーテープは、筋肉とほぼ同じ伸縮性に作られていて筋肉のサポートに適しています。

 

私が使っているキネシオテープは、「ピップ キネシオロジーテープ」で、テープの巻き方を知らなくても簡単ガイドが付いているのでオススメです。

 

また、テーピングのポイントは、きつく貼らないことです。キネシオテーピング法の基本通り、血流を良くするために貼り終わった時に少しシワが出るくらいが良いとされています。また、お風呂に入っても剥がれないので2、3日は続けて使えます。但し、運動をして汗をかいたあとは塩分がテープに付着するのでかぶれを防止するために、適当に張り替えが必要です。

 

※メインで使う5ミリ幅テープ

 

※あると便利なテーピングはさみ

 

 

 

△もっと知りたい健康・医療トップページへ戻る