もっと知りたい健康・医療

補聴器ライフを快適に

最近、私は加齢と共に人の声が聞きにくくなってきた。毎年行われる定期健康診断でも、聴力は「異常」とのレッテルが貼られた。私が聞こえづらいのは、特に低周波で人が会話する声。周波が高い音に関してはかなり聞き取れているらしい。妻とも補聴器のことを相談している。

 

そんなとき、朝日新聞の生活欄(2013.05.19)には「補聴器ライフを快適に」と題された記事が掲載された。中々、興味深い内容だったので、まとめた。

 

記事によれば、補聴器の利用者が増えていて、過去最高の51万台を突破したという。利用者の増加と共に、全国の消費者センターには「雑音がする」や「サイズが合わない」などの苦情や相談が増加している。

 

補聴器の購入が増えた原因は、「高齢化に加え、リタイア後も趣味を楽しみたいという活発なシニア層が増えている。機能が向上したり、カラフルなものが出たりするなど、補聴器も変わってきた」と日本補聴器工業会の八嶋隆事務局長は、今後もさらに補聴器の利用者は伸び続けると語る。

 

 

 

△もっと知りたい健康・医療トップページへ戻る

補聴器購入時の注意点とは

補聴器を購入するときに、注意するポイントは何か?以下にまとめた。

 

@補聴器は、何度も調整が必要な医療機器である。
※耳の形や大きくする周波数を調べて、個別に細かく調整する必要がある。
A自分で、補聴器が必要かを判断せず、耳鼻科を受診する。
B耳鼻科で耳が聞こえが悪くなった原因を調べるもらう。
※中耳炎など治療しないと悪化する病気の可能性もある。
C認定補聴器専門店で対面で相談しながら補聴器を購入する。

 

補聴器がほしいと思ったら、耳鼻科で受診後販売店などで、技能者がいる認定補聴器技能者らに相談する。
認定補聴器技能者を捜すには、テクノエイド協会に電話するか、ホームページで調べる。

 

ホームページを見ると「認定補聴器専門店情報」↓が表示される。

 

■テクノエイド協会
http://www.techno-aids.or.jp/
TEL 03-3266-6882

 

 

 

△もっと知りたい健康・医療トップページへ戻る