外反母趾 靴 整形外科

外反母趾は何故できる

外反母趾とは、足の親指の付け根が内側に突出して小指側に曲がる病気で、男女比では女性の方が10倍多く発生している。外反母趾の角度が20度を超えると症状が発生しやすくなり、25度を超えると痛みを伴うようになる。

 

外反母趾になるときは、足の幅が広くなる「開帳足」になっていることが多く、「扁平足」を伴い足底にタコができて痛むようになる。

 

外反母趾 靴 整形外科,外反母趾 靴,リウマチ 靴,健康 靴,O脚 靴,糖尿病 靴,開張足,整形外科,偏平足,内反小趾

 

外反母趾になる原因
1.体質(遺伝ではないが体の特徴を受け継ぐ)
  母親が外反母趾の場合、その子供には多い傾向。
2.女性(男性よりは女性の方が10倍多い)
3.運動不足
  足の筋肉強化が有効。
4.足の形と違う靴を履く(靴や筋肉のアンバランスを招く)

 

外反母趾になると以下の病状が発生することが知られている。
骨粗鬆症、腰痛、生活習慣病(糖尿病、肥満、高脂血症、脂肪肝、心臓病、骨粗鬆症)

 

 

 

△もっと知りたい健康・医療トップページへ戻る

外反母趾を治すには

外反母趾を治すには、保存療法が原則です。
1.タオルを足指でつまむ運動
2.ゴムバンドでひっぱりあう運動
3.母趾外転筋の筋力を増強させる運動(女性のように筋肉の弱い人向け)
4.「トウスプレッダー」(足指に挟むパット)を足の指に挟む
5.オーダーメイドで作った足底板を靴に挿入
6.足の形状に合う靴を履く

 

「外反母趾 靴 整形外科」で検索をすると外反母趾のための装具や、インソール、オーダーメードの靴を保険適用で作ってもらえる病院を見つけることが出来る。
初期軽症の段階から自分の足に合った靴を履くことが外反母趾を治す鍵となる。

 

■「クッション材ソルボ」を使ったサポータも効果的

 

■外反母趾治療の第一人者 笠原巌の公式サイト
講演・TV・雑誌などでも活躍中の先生。外反母趾サポーターをはじめ、足に関する多くの発明特許を収得し、通販でもロングセラー。外反母趾のことならなんでも載っているサイト。

 

 

 

△もっと知りたい健康・医療トップページへ戻る

外反母趾の靴

■リファインパンプス

 

■所沢のフットアイメディカル
整形外科の専門医による診断を元に、優しい履き心地の靴を職人が丁寧に製作。医療保険適応で、負担費用は医療費負担分のみ。但し、完全フルオーダーメイドシューズ製作なので依頼されてから受け取りまで、約2ヶ月必要。

 

0120-26-5640 11:00〜19:00 木曜定休
外反母趾の靴専門店 Foot Eye Medical
インソール・足底板のみの製作 \5,000
フルオーダーメイドシューズ \19,800(還付制)

 

 

 

△もっと知りたい健康・医療トップページへ戻る

外反母趾サポーター

私の妻の外反母趾用に、「矯正サポーター・美求足(足首サポーターあり)」を購入した。このサポーターは、装着していても美脚が崩れることはない。それでいて、外反母趾を予防してくれる優れものである。ちまたで出回っている外反母趾用のサポーターよりもファッション性が高く、女性に大人気である。

 

■矯正サポーター・美求足(足首サポーターあり)
美求足は従来の外反母趾ソックスでは実現できなかった親指部分に直接力を加えることを実現。より効果的に外反母趾を予防に貢献します。

 

 

 

△もっと知りたい健康・医療トップページへ戻る