加齢臭を防ぐ石鹸

加齢臭とは

中高年になると身体からは、「加齢臭」別名「おやじ臭」と言われる、特有のにおいがし始めます。中高年や高齢者の人が、横を通り過ぎた瞬間、プ〜んと独特な臭いがします。別に毎日からだを洗っていないからではありません。それにもかかわらず、ある一定の年齢になると加齢臭独特の臭いがするようになります。加齢臭とは何でしょうか、また何故なのでしょうか?

 

ここでは、加齢臭の説明をすると共に、加齢臭を防ぐ方法を説明します。さらに、加齢臭や特有な臭い(身体の臭い、足、ワキの臭い)を取り除く効果のある商品を紹介します。

 

■加齢臭とは
加齢臭とはノネナールという成分のニオイのことで、毛穴の奥の皮脂腺から分泌されるパルミトオレイン酸(脂肪酸)が酸化したり、皮膚の常在菌であるバクテリアが繁殖することによってできる。パルミトオレイン酸は、40歳を過ぎると急激に増えてきて加齢臭を発する様になる。この加齢臭は、当の本人はあまり気がつかないので対策をとっていない人がほとんどの状況。

 

この臭いの元である、パルミトオレイン酸の分泌抑制と常在菌の繁殖を防ぐことが加齢臭の発生を防いでくれます。それには、ヘルシンキ・フォーミュラで特別配合されたエマルション(乳化)成分を持つフォーミュラBソープが効果的です。一般の洗顔石鹸では、皮脂のよごれはなかなか落とすことが難しく、毎日のお風呂でゴシゴシと擦っても落ちてはくれません。

 

しかし、このフォーミュラBソープに配合されているエマルション成分は、皮脂を溶かす力を持っている。さらにそのエマルション含有率は普通の石鹸の約5倍もあり、普通に洗っただけでは落としにくい毛穴の皮脂よごれを除去することが可能。エマルション成分は、アメリカFDA(食品医薬品局)にも認可されている安全な成分で、またチョコレートやケーキなどにも使われている安全性の高い成分。

 

フォーミュラBソープは石鹸かすが出ないパーム油等の天然由来成分で作られていて、冷水でも泡立ちがよく、肌に石鹸を残さない。防腐剤、凝固剤、増粘剤を使用していないため、肌に優しく安心で、肌質を選ばないので、乾燥肌、脂性肌、中間肌の方すべてで使用出来る。さわやかなミントの香りなので、洗いあがりがとてもサッパリする。

 

※乳化(エマルジョン)とは、普段は混ざり合わない水と油のような2つの物質を変化させ、溶け合った状態にすること。

 

 

 

△もっと知りたい健康・医療トップページへ戻る

フォーミュラーBソープ

ヘルシンキ・フォーミュラからは、加齢臭、足の臭い、ワキガの臭い、等の独特な臭いを効果的に取り除いてくれる「フォーミュラーBソープ」が発売されている。1個売りと3個売り、そしてセットものとあります。嫌な臭いはこの「フォーミュラーBソープ」で取り去りましょう。

 

1.フォーミュラBソープ
■清潔感がモテるキーワード。ニオイの元、落ちにくい毛穴のアブラよごれを洗浄する!10P14Sep09

 

2.フォーミュラBソープ 110g×3
■ワキ、足のニオイなどの体臭対策ソープニオイの元となる過酸化脂質を溶かして流しだすNo1乳化力

 

3.フォーミュラB、シャンプー、ソープ 110g×3 3点セット
■全身の毛穴すっきり!ヘルシンキフォーミュラ独自の乳化剤を配合した「フォーミュラB」シリーズ

 

 

 

△もっと知りたい健康・医療トップページへ戻る