こう見えても体温計

こう見えても体温計とは

携帯 体温計,カード型 体温計,体温計 格安,液晶体温計,こう見えても体温計,体温計ミニチェック,個人専用体温計

先日、川崎駅ビルの有隣堂という本屋さんで会計待ちで並んでいたら、小さなワゴンの中にカード型の体温計らしきものがあるのが気がつきました。何で本屋さんに「体温計」?と思いました。良く見ると、それは本当に体温計で、名前は「こう見えても体温計」と書かれていました。調べてみると、米国メディカル・インジケーターズインク社の商品で、「ケイタイ体温計ミニチェックR」という商品名でも販売されていました。

 

カードの裏には、平べったい抜き差しが出来るペラペラの体温計が付いていて、表には液晶の表示が拡大できるように、ルーペが付いていました。私の様な少々小さな字を見る老眼の人にも見ることが出来ます。値段は525円と一般の体温計に比べるとかなり安いです。

 

家に帰り、早速「こう見えても体温計」を試しました。舌の下側に体温計を入れて1分間待ちました。すると、体温計の先端にある○が何個か黒くなっています。●が表示されている位置(量)で体温が分かります。私の体温は、36.5度でした。○が小さいのでルーペが無いとさすがに辛いです。使い終わったら、体温計全体を一度、水洗いをして収納します。特に洗剤などで綺麗にしなくても自分専用なのであまり気になりません。
神経質の人は毎回、洗浄するのも良いでしょう。

 

自分の体温というのは、風邪を引いたときや少し熱っぽくて調子が悪いと感じた時しか測りませんよね。だから、「平温は何度ですか?」と聞かれてもいつも返答に困ってしまいます。しかし、いつもこの「こう見えても体温計」を携帯しておけば、会社にいても昼休みなどにちょこっと測ることができます。とても便利だとは思いませんか?

 

■個人用ケイタイ体温計【こう見えても体温計】携帯 ウィルス対策(割引サービス対象外)

 

※このケイタイ体温計は、あくまでも個人用なので使い回しをしないようにしてください。

 

■NextTemp「液晶体温計ミニチェック」

 

 

 

△もっと知りたい健康グッズトップページへ戻る


体温を上げること

先日「体温を上げると健康になる」という本を読みました。その本には、平熱が36度以下という「低体温」の人が最近、増えているのだそうです。この低体温は、女性が多い傾向にあると言われていましたが、最近は子どもや男性にも見られるようになったそうです。
低体温になる原因には、ストレスや運動不足、過剰なダイエット、冷たい物の取りすぎ、体を締め付ける下着の着用、冷房の効きすぎ、等々があります。低体温は体に様々な悪い影響を及ぼします。体が疲れやすくなり、病気にもかかりやすくなります。そして女性では妊娠しにくい原因であるとも言われています。これは、体温が下がると免疫力が低下するからです。

 

この免疫力は、体の発電所の役目をする"ミトコンドリア"が36.5度以下になると働きが鈍くなることによるものです。低体温になると、ミトコンドリアの働きが低下してエネルギー不足になり、そして、免疫細胞の働きも低下します。つまり、体を温めて体温を上げれば、この"ミトコンドリア"が元気になって免疫力もアップするわけです。

 

さて、体温を上げる方法として、この本の著者は「筋肉を鍛えること」で基礎代謝量を増やし平熱を上げることを推奨しています。そして、1日1回は体温を上げる運動をして、体温を恒常的に上げて健康な体を手に入れるということです。

 

■体温を上げると健康になる

 

 

 

△もっと知りたい健康グッズトップページへ戻る