肩こり・湿布

温湿布と冷湿布の違い

■温湿布と冷湿布の違い

 

「温湿布」と「冷湿布」のどちらを使ったら良いのか?
結論的には、どこには何を貼るという区別はありません。従って、気持ちが良いと感じる方の湿布で良いということ。

 

但し、「冷湿布」はひんやりとして冷たく感じ、「温湿布」はぽかぽかと暖かく感じるので、「冷湿布」は、炎症を起こして熱を持っている部位に貼ると気持ちは良いです。
このひんやりや、ぽかぽかと感じる間は、脳がうまく凝りの痛みを緩和するように神経をコントロールしています。

 

「温湿布」と「冷湿布」の成分の違いでは、「温湿布」にはトウガラシ成分のカプサイシン、「冷湿布」にはメントールが配合されていますが、とちらも血行を良くするほどの筋肉運動による温度変化はないとされていますが、両者とも温度を下げる効果はあります。また、「温湿布」のカプサイシンには毛細血管を拡張させ血流を良くして皮膚の温度を上げる効果があります。

 

■痛みと湿布
人間の「痛覚」は、「触覚」よりもその神経繊維が太いので湿布を貼ったとき、ひんやりやぽかぽかの感じが「触覚」の神経に心地よさを伝えます。その為に、痛みが緩和され、時には痛みが消える(消炎・鎮痛作用)場合もあります。

 

 

 

△もっと知りたい健康グッズトップページへ戻る

体操、マッサージ

■体操、マッサージ
最近は、パソコンの前で仕事をする時間が増えてきました。ずっと同じ姿勢をしていると、首や肩が凝ります。肩や首が凝ったなと感じた場合は、直ぐに仕事をする手を休めて、軽い体操や首振り、足マッサージ等をして見ましょう。

 

体操やマッサージをすることによって、血行不良や改善されて血流が良くなります。
また、インドメタシン・ケトプロフェンが配合された湿布は炎症・鎮痛効果がありますのでこれらが入っていない湿布と比べるととても効果があります。

 

但し、同じ部位に続けて貼ると人によってはかぶれますので注意してください。
湿布を長期間使っても効果無い場合は、湿布の使用に疑問を感じた場合は近くの病院(整形外科等)に相談してください。

 

 

 

△もっと知りたい健康グッズトップページへ戻る