ウェルネス 日常生活に運動

ウェルネスとは

ウェルネスとは日常生活に運動を取り入れながら、日々の暮らしを健康に送ろうとするアメリカの医学者ハルバート・ダンによって提唱された生活科学の概念です。

 

また、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』で「ウエルネス」を調べてみると、ウエルネス(Wellness)とは、世界保健機関(WHO)が国際的に提示した、「健康」の定義をより踏み込んで、そして広範囲な視点から見た健康観を意味する。1961年に、アメリカの医学者、ハルバート・ダンによって提唱され、ウエルネスの用語が作られた。より平易な言葉で言うならば、生活科学として、運動を適宜日常生活に取り入れながら、健康的に日々の暮らしを送ろうと言う主旨で提唱された概念である。

 

 

△もっと知りたい健康・ウェルネストップページへ戻る

日本YMCAのめざすウェルネス

ウェルネスは、「日常生活に運動を取り入れながら、日々の暮らしを健康に送ろうとする考え」でバランスの良い健康状態になります。

 

ここで、「日本YMCA同盟の解釈」を紹介します。

 

ウェルネスとは、各人が、与えられたその状況のなかで、自らの潜在的な可能性を最大限に求める生き方なのです。すなわち、身体的健康、精神的健康、知的健康、情緒的健康、社会的健康のそれぞれについて、各要素のなかでのバランス、また各要素間でのバランスを大切にしつつ全体を統合させ、全体としてより良い状態に高める生き方をいいます。(日本YMCA同盟の解釈)

 

従って、私達は単なる身体の健康ばかりに躍起となるのではなくて日常の行動や生活を改めて、精神的にも情緒的にもバランスの良い生活を送る必要があります。
これは、強制されても意味がありません。生活を改善しようと激しい運動や無理の運動をしても身体的にも精神的にも良くありません。

 

日常の生活を楽しく充実したものになるようにしなくてはなりません。

 

 

 

△もっと知りたい健康・ウェルネストップページへ戻る

 

フィットネス

■フィットネス
ウェルネスと一緒に使われる言葉に「フィットネス」がある。
「フィットネス」とは、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』では、英語の"fitness"という言葉の意味から「適合」、「健康であること」、「活き活きと生活できること」であるとしている。つまり、米国においても "fitness" が健康のための運動を指すことが多い。

 

■フィットネスの必要性
心身の状態を良くするためには、定期的な適度の運動が必要である。
身体の活動量が少ない場合は、心身の状態を悪くし、心臓疾患、高血圧、動脈硬化や自律神経不安定症候群がおきやすくなる。

 

 

△もっと知りたい健康・ウェルネストップページへ戻る