未病とは何か

未病とは

未病とは、Wikipediaでは以下の様に定義されています。

 

『未病(みびょう)という用語は、黄帝内経で初めて使用された。

 

 「聖人は既病を治すのではなく、未病を治す」

 

既病(きびょう)とは、既に発病したこと、未病とは発病する前の状態を言う。日本未病システム学会では「自覚症状はないが検査では異常がある状態」と「自覚症状はあるが検査では異常がない状態」を合わせて「未病」と定義し、「自覚症状もあり検査でも異常が認められる状態」を病気(既病)と呼んでいる。「黄帝内経」とは、現存する中国最古の医学書。』

 

つまり、「自覚症状がないが放置すればやがて病気になる状態を「未病」と考えられています。従って病気になる前の未病の状態で症状を発見して健康に戻していくことが大事です。この「未病」という概念がこれからの私達にとって大切ではないでしょうか?

 

 

 

△もっと知りたい健康・ウェルネストップページへ戻る

未病を考える団体

「未病」について取り組んでいる団体・協会は数多くありますが、その中で幾つかを紹介します。『』内の記述は、各団体・協会サイトのコメントです。

 

特定非営利活動法人「未病リサーチスクエア協会」
Mibyo Research Square Association
http://www.mibyou-square.jp/index2.html

 

『未病医療プロジェクトは未病の先進医療を広め医療機関(病院・医院・クリニック)で未病医療を導入して頂き、より多くの生活者に受診してもらうことです。未病は病気を未然にふせぐ、大きな病気にならない。自覚症状の無い病気を早期に発見し治療することを目的とします。』

 

日本未病管理研究学会
『未病とは「健康状態の範囲であるが病気に著しく近い身体又は心の状態」を言うと一応に定義いたします。(西洋医学では疾病又は疾患の言語表現を使用しますが敢えて病気と表現させて頂きます。病気とは「気を病む」事です。)
この学会は、未病管理の研究と普及を通じて国民の健康増進に貢献し、未病管理の学問体系の確立に資する事を願うものです。』

 

日本未病システム学会事務局
〒123-0864 東京都足立区鹿浜5-11-1
TEL / 03-5647-0977 FAX / 03-5825-4888

 

『「未病」という言葉は日本ではまだ聞き慣れない言葉かもしれません。このなかで、「未病」とは「病気に向かう状態」を指し、この未病の時期を捉えて治すことの出来る人が医療者として最高人(聖人)であるとかかれています。日本では貝原益軒が84歳にして著した「養生訓」に登場。』

 

 

△もっと知りたい健康・ウェルネストップページへ戻る